CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
最近の記事
CATEGORIES
ARCHIVES
全国水源の里連絡協議会HP
全国水源の里連絡協議会
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

全国水源の里連絡協議会ブログ

全国水源の里のイベントや最新情報をいち早くお知らせします。
<< 「第7回 全国水源の里フォトコンテスト」」入賞作品決定 | main |
水の源 32 号発行!<巻頭インタビュー/哲学者・京都市立芸術大学学長・鷲田清一さん> >>
水の源 31 号発行!<巻頭インタビュー/株式会社モンベル代表取締役会長・辰野勇 さん>

定期購読
31号は12月20日頃のお届けです。



表紙/乳穂ヶ滝氷祭(青森県西目屋村)

 
インタビュー


山は人間本来の居場所
辰野勇 さん 株式会社モンベル 代表取締役会長


SEA TO SUMMIT*の由良川大江山大会のため、京都を訪れた辰野さんにインタビュー。アイガー北壁日本人第二登を果たすなど、日本のトップクライマーとして知られる辰野さんに、山の魅力や昨今の登山ブームについてうかがいました。

*SEA TO SUMMIT
(株)モンベルが主催する、海(カヤック)・里(自転車)・山(登山)でのスポーツを通して、自然の循環を体感するスポーツイベント。


 
ウォークルポ


テーマは「食の創出」
飛騨高山グルメグランプリ
岐阜県高山市



ベント終了後の記念写真。入賞した出店者と実行委員


高山市は、風情ある町屋が並ぶ「古い町並み」通りなどを目当てに、年間400万人もの観光客が訪れる日本有数の観光地。飛騨牛や高山ラーメンなど、すでに広く知られたご当地グルメも多数あります。

今回取材したのは、今はまだスポットが当たっていない地域の名産や芽吹きはじめた食文化を発掘・発信したいと企画された「飛騨高山グルメグランプリ」です。

実は昨年、1回限りの予定で開催されたものでしたが「この事業には地域貢献の未来がある」と、わずか6人の実行委員がイベントの継続を決意。体制が変わり、ゼロからのスタートとなった今年は、クラウドファンディングを活用するなどし、開催にこぎつけました。少数精鋭の実行委員が奮闘する、イベント当日の模様をレポートします。



優勝した、蔵食房 龍々の「鶏トマ唐揚げフレッシュトマトソース掛け」

 
 

特集1


第7回 全国水源の里フォトコンテスト


今年の入賞作品全14点を紹介。グランプリ、各大臣賞3作品には、一般社団法人日本写真著作権協会会長・田沼武能さんによる選評も掲載します。


グランプリ作品「僕らの居場所」(撮影地:岡山県真庭市)

 
特集2


第9回 全国水源の里シンポジウム <岡山県真庭市>
清流が紡ぐ人と人〜農山村と都市の共生を目指して〜



住民や議員、自治体職員など約650人が集まった、シンポジウム会場


10月20・21日に、「里山資本主義」で全国から注目を浴びる岡山県真庭市で全国水源の里シンポジウムが開催されました。

基調講演には、「自治体消滅論」を提唱する増田レポートに異を唱える、明治大学農学部の小田切徳美教授が登壇。地方への移住者が増加傾向にあること、出生率の高さや再生エネルギーの蓄積などの地方の優位性を示し「農山村再生はそこまできている」と力強いメッセージを送りました。

パネルディスカッションでは、太田昇真庭市長が森林資源を軸とした循環型社会を実践する「真庭モデル」を説明。続けて、真庭バイオマス発電(株)・中島浩一郎代表取締役、一般社団法人アシタカ・赤木直人代表理事、NPO法人タブララサ・河上直美理事長のそれぞれが進める事業内容を紹介しました。

2日目は、真庭バイオマス発電所や城下町勝山を巡る「大きな里山資本主義コース」や暮らしに身近な取り組みを紹介する「市民のエコな取り組み体感コース」など4つのコースに分かれて視察。真庭市での先進的な循環型社会の取り組みを学びました。



視察で中和(ちゅうか)地区の取り組みを説明する、一般社団法人アシタカ・赤木直人代表理事

 
特集3

地方創生「首長勉強会」第2回

「地方から始めるニッポン・イノベーション! 地方創生『首長勉強会』」の第2回を8月24日に開催しました。

第1部:地方創生担当大臣 石破茂氏
「地方から創生する我が国の未来」

第2部:島根県海士町 山内道雄町長
「ないものはない〜離島からの挑戦」
 

  

 定期購読のお申し込み >>




    
 
お問い合わせ・お申し込み
全国水源の里連絡協議会事務局
綾部市役所 定住交流部 水源の里・地域振興課
TEL:0773-42-4271(直通) FAX:0773-54-0096
E-mail:suigen@city.ayabe.lg.jp
| 情報誌・水の源 | 09:50 | - | trackbacks(0) | pookmark |
トラックバック機能は終了しました。